鍼灸治療で不妊治療を行うメリット

通常の性生活を営んでいる場合、一年以内では約80%、二年以内では約90%が妊娠するという統計がありますが、子どもを欲しいと願って定期的に正接活を行っても、二年以内に妊娠しない場合は、不妊症と言われます。
不妊には二つのタイプに分けることができ、原因がはっきり特定できる「器質性不妊」と男女どちらとも身体的な異常がないのに妊娠できない「機能性不妊」というものがあります。

「器質性不妊」は、男女どちらかに妊娠できない原因があり、女性の場合は排卵障害、卵管や子宮の異常、着床障害など、男性に場合は精子の数が少なかったり、精子の運動率が悪いことなどが挙げられます。

「機能性不妊」は、メンタル的な問題など、様々な原因が考えられます。

近年、不妊治療に「鍼灸治療」が用いられています。
鍼灸は、肩こりや腰痛など、痛みに対する治療として知られていますが、副作用がなく、妊娠を希望する男女の体を妊娠できるように最適な状態にすることが可能です。
原因がはっきりしている「器質性不妊」の場合は、投薬や手術などの治療を行うことができますが、「機能性不妊」は、原因がはっきりしないことが多いため、明確に治療を行うことが難しいのです。
また、不妊治療で一般的な排卵誘発剤やホルモン剤などは副作用があり不妊を加速させてしまうこともありますし、体にも負担をかけてしまう上、様々な検査や治療には健康保険の効かないものがあるために、治療が長引くと経済的負担も多くなります。

鍼灸は不妊症で悩んでいる人の体質を改善するという効果があり、体がもともと持っている自然治癒力を高め、下腹部などの血流を促進し、子宮や卵巣の機能を高めるので月経不順や冷え性も改善できます。
鍼による治療は、病気が原因で歪んでしまった体のバランスを整えて、体が持つ自然治癒力を高め、回復させ、灸治療は、患部を直接温め、冷えを取り、痛みを和らげ、免疫力を高めることができます。
自律神経を整え、脾、腎、肝、膀胱という妊娠や月経に関係していると言われている臓器を刺激し、整えます。

また、針灸治療を体外受精の前後に行い、女性の体をリラックスさせると、妊娠率が大幅に上がるという研究結果もあり、注目を集めています。
その他にも、多嚢胞性卵巣症候群の改善、ホルモンバランスや基礎体温の改善もできるという報告があります。

病院で不妊症治療を行っている方や自然妊娠を望んでいる方など、多くの人におススメできる治療法です。

年間150人を超える妊娠実績の経験より、お客様の妊娠から産後迄のサポートをさせて頂ける事が、他社との違いです。 30代後半の受精率は20代の半分以下と言われております。 不妊を悩む前にまずはご相談ください。 30代~50代の不妊に悩む方がとても多くなりました。 歳を取る毎に子宮の状態は刻々と変化します。 日本人の10%の夫婦が不妊の事で悩んでおります。 不妊治療に最適な鍼灸は子宝治療院

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *